2017.8.9
d0098275_22541337.jpg
台風一過の快晴酷暑、
今月からスタートした事務所からほど近い住宅の改修設計、朝からその現地調査でした.
事務所から歩いて数分ですが現場に着くころには汗が流れ出る暑さ、
調査をサポートしてくれたアルバイトの尾島さんも身にこたえたようでした.
# by NABE_TK | 2017-08-09 23:53
2017.7.21
d0098275_18332109.jpg
d0098275_18334911.jpg
大正建築、登録文化財でもある今宮町の歯科医院の実測調査.
無垢板の下見板外壁の塗装剥離が進行しているので、塗装改修の相談を受けた.
各部をよく観察してみる.
雨水を土台や窓廻りに浸入させない水切りや床下換気口の配置など
水や湿気に対する配慮が十分にされていることが分かる.
そのような手間を惜しまない小さな工夫の積み重ねが築100後の建物の今をたくましく支えている.
# by NABE_TK | 2017-07-22 18:44
2017.7.12
d0098275_19323156.jpg
大学の親友夫婦とその子の二俣川の住まいは、工事現場監督もこれまた同じ大学の後輩です.
現在、解体と木工事、8月末完成に向けて進行中です.
横浜らしい傾斜住宅地の先のランドマークタワーが暑さで揺らぎます.
# by NABE_TK | 2017-07-13 19:33
2017.6.27
d0098275_10405323.jpg
d0098275_10405472.jpg
d0098275_10405138.jpg
箱根からの帰りには、芦ノ湖周辺を散策してきたよ.
# by NABE_TK | 2017-06-27 06:39
2017.6.26
d0098275_17173319.jpg
山本理顕先生が講評してくださるというのでスケジュールを無理して応募したコンペの公開プレゼンテーションが
先週末、箱根で行われた建築士会関東甲信越ブロック大会の中で開かれた.
胃にキリリと大穴が開きそうな体調で向かったのだけれど
蓋を開けてみれば長い時間を使って講評してくださり
この10年、鹿沼地域の人々と共に鹿沼で考え続けてきたことを
これからも考え続けていっても良いのだという励みになりいつの間にか胃も回復していた.

応募プレゼンボードはこちらにアップしました.応募プレゼンボードはこちらにアップ
# by NABE_TK | 2017-06-26 17:18
2017.6.19


岡潔だったか小林秀雄だったかが、
ドストエフスキーの文章を読むとこういうものを書ける人がいるのだと思い励まされる
というようなことを書いていて、僕はこのところ坂口恭平の小説やこのWhitneyの音楽を聴くと
こういう表現ができる人がいるんだと心底励まされる.
# by NABE_TK | 2017-06-19 17:14
2017.6.8
d0098275_14024900.jpg
竣工して1年半を経た栄町のオフィスを訪ねる.
工事が終了した頃は植栽は未だ施されておらずかつ冬でもあったので寂しい雰囲気だったけれど
その後クライアントの丁寧な手が入った花壇は今ではすっかり緑に溢れている.
建物が完成した後も、設計者の意図を大きく越えて新しい風景に成長していく様に感動する.
# by NABE_TK | 2017-06-08 14:07
2017.6.5
d0098275_20081968.jpg
横浜市で計画を進めてきた二俣川の住まいが工事着工しました.
クライアント(親友夫婦でもある)と工務店(後輩でもある)と3者協力によって工程を折り返します.
# by NABE_TK | 2017-06-06 20:12
2017.5.27
d0098275_21194273.jpg
新しく設計の始まった引田の住まい、
今日は現況の敷地と主屋のサーベイでした.
家伝によると主屋は明治期の建築らしく、度重なる改修によりオリジナルの様相は失われているものの
裏山の深い緑や南面する田園との強いかかわりを持った生活空間に心打たれます.
この主屋を、現代の解釈と表現によって建て替えることが当設計室のミッションですが、
数十代に渡る長い時間を経たこの土地の声は、まず引く一本目の線のヒントをくれている気がします.
# by NABE_TK | 2017-05-27 21:18
17.5.24
d0098275_16100871.jpg
d0098275_16100827.jpg
店舗の改修のご相談を、このところ多く頂いています.
使い手が実際に感じている不具合や使いにくさ、漠然とした希望をヒアリングし
私たちがその場で感じた潜在的な改善点と併せて、
それらをクリアし次の価値を生む改修デザインを一緒に考えます.
上写真はビストロ、下写真は美容室の改修のための現地実測図、
4色のボールペンが現場の空気を書き留め、事務所に持ち帰り
次はテーブルの上で改修案を練り練りする工程に進みます.

# by NABE_TK | 2017-05-24 16:19