<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
これが勉強ってやつですか!
d0098275_22143280.jpg
このところ、頻繁に町家調査に出かけています。
今日はいつも声をかけてくれる、現地の近所のおばあさんの言葉が心にキマシタ。

そうやって手と足、身体をつかって覚えたこと、
自分の脳みそに入れちゃえば誰にもとられないからね、しっかりやりな。

と、ニコニコにこにこ笑っていました。
by nabe_tk | 2008-11-21 22:18
豊かなのは建物だけじゃなく
d0098275_10454111.jpg
現在、建築調査中の下材木町の町家。
毎朝9時、調査に伺うと必ず、

「お茶一杯のんでから始めなさい」

と、主人が温かい緑茶を出してくださる。
朝日の射す、茶の間の掘りごたつに座っての約15分間。
昨日のお昼は美味しかった、とか、今日の朝は冷えたね、とか。


お昼になると、

「お昼ですよ」

と、食べきれない程の昼食が茶の間に並んでいる。
線香と食事の混ざった香りは、
この近所にあった自分のばあちゃん家を思い出します。


夕方になるとまた、

「お茶ですよ」

と、温かい緑茶を出してくださる。
その日の成果を報告したり、次はいつ来るか、を話したりする。


学部時代、ある授業で「豊かさとは何か」というレポート課題があった。
その時は「お金、時間の余裕」って書いた気がする。

先生、そうじゃなかったんですねえ。
by nabe_tk | 2008-11-19 11:00
歴史学
d0098275_21533077.jpg
歴史(僕の場合は建築史です)を研究対象としていると、
懐古主義だと言われたり、古いものが好きなんだね、と言われることが多い。

でもよく考えてみると、
歴史を学ぶ人は皆、現状や将来に問題意識を持った人が多い。
ということは、関心が過去に向けられているのではなくて、
むしろ、意識が将来へ注がれているんじゃないか、と思いました。

歴史を学ぶことは、将来を考えること、とはよく言うけれど、
あながち間違いじゃないと思うと、今はとても充実した学生生活を
送っているんじゃないかと感じてます。
by nabe_tk | 2008-11-15 21:59
なるべく広めたい
d0098275_2235834.jpg
下材木町の町家調査も終盤。
追い込むために、研究室の仲間が調査を手伝ってくれました。

加えて今日は、下野新聞さんが取材をしてくださいました。
熱心に、詳細に話を聞いてくださって感動してしまった。
なるべく多くの人と、こういう建物の大切さと、
それらが消え行く現状を共有したい。
by nabe_tk | 2008-11-13 22:39
鹿沼の一番いい時代の建物?
d0098275_20581088.jpg
現在、道路拡幅に伴い取り壊しとなる、例幣使街道沿いの町家を建築調査中です。
昭和初期の建築で、鹿沼で初めてネオン看板を取り付けたり、
その特徴的な外観で、知らない人はいないくらい、鹿沼を代表する建物。

材料の選び方、職人さんの技、どれを見ても、
腰を抜かすくらいのスケールでやってのけています。

今日は読売新聞さんに取材をしていただきました。
by nabe_tk | 2008-11-12 21:02
雲龍寺 お寺で昼食
d0098275_21385146.jpg
ある民家を調査中、どこで昼食のお弁当を食べようかと境内をウロウロしていると、
清掃のおじさんが
「お弁当ですか?こっちへどうぞ」
と、ベンチを持ってきてくれました。

嬉しいなぁ、と腰掛けて調査中の民家を眺めていると、
住職と何人かのおじさんたちが、
バッテリーのあがってしまった車を移動させていました。

秋晴れの天気も相まって、ほのぼのとしたお昼時間。
境内は公園みたい。
by nabe_tk | 2008-11-04 21:37