<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
町並みお散歩ツアー、ありがとうございました
昨日、24日は、NPO法人鹿沼学舎による「かぬま町並みお散歩ツアー」。
飛び入り含む23名+スタッフの方々と、鹿沼の旧市街の魅力を堪能しました。

大正期の住宅に始まり、幕末の町家、
はたまた、鹿沼らしい都市構造を決定付ける路地、水路、
十字路のない道構成、山並みをガイドラインにした地割軸、などなど。

鹿沼の旧市街には、これほどまでに綿密で濃密な生活空間の質があり、
それらの魅力を再発見できたと同時に、
現在の行政による都市整備がいかに表面的な文句によって進められているかという、
大きな矛盾と問題を感じることもできた、と思ってます。

でも何より、参加者の方々の興味津々な笑顔と、
様々な箇所にカメラを向ける姿を見たとき、
思いを共有する大切さを知りました。

今回は写真を撮ることができなかったのですが、
下記のウェブサイトに、各方面のレポートがまとめられていますので、
ぜひご覧くださいませ。

下野新聞社 http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20090524/151917
やさしい気持ち http://usagilenger.jugem.jp/?eid=423
鹿沼学舎からの情報はこちらをチェックです。
by nabe_tk | 2009-05-25 23:47
鹿沼市旧市街・町並みお散歩ツアー
d0098275_23104088.jpg
以前こちらでお伝えしました、NPO法人鹿沼学舎の事業として開催する、
鹿沼市旧市街の町並みや建造物を巡るお散歩ツアー。
改めての、詳細はこちら

普段公開していない歴史的建造物の見学、
街道や路地のお散歩に、生の解説としおりが付きます。
車では気付くことのできない、
鹿沼市旧市街の魅力に触れてみませんか。

まだ、定員に若干の空きがあります。
ご参加くださる方、こちらまでメールください。


参加者募集は締め切らせていただきました
たくさんのご参加ありがとうございます。
by nabe_tk | 2009-05-17 23:22
職人
d0098275_2303445.jpg
職人さんは、図面や文字情報、言葉では仕事をしません。
経験や勘を頼りに、手と足を使って仕事をこなしていきます。
あまり、計画性もないのでは、とも感じます。
その変わりに、その場その場で最善の方法を考え、選んでいく。
その意味では、ずっと気の抜けない、緊張感のある仕事です。

きちんと合間毎には休憩をとり、
お昼後にはお昼寝。
それも、最良の仕事のためです。
作業中は至極真剣ではありますが、
ニコニコと笑い声は絶えません。

難しい顔をして仕事をしている建築事務所とは全く違う。
とても人間らしい人たち。
こういう人たちが鹿沼にはたくさんいて、
豊かな文化生産を支えてきた。

写真は、旧山野井本店解体作業にかかる職人さん。
僕は、こういう人たちと関われて本当に幸せ。
by nabe_tk | 2009-05-14 23:07
実測図
d0098275_2144128.jpg
かぬま建築アーカイブスのウェブサイトに、これまで約3年間で行った、
旧市街の歴史的建造物の実測調査における実測図(“野帳”と言います)を一部アップしました。
今後も逐次アップしていきます。
ウェブサイトはこちら

本図は、旧山野井本店の西側立面の野帳。
by nabe_tk | 2009-05-09 21:09
ドウダンツツジ
d0098275_23423065.jpg
この季節、ドウダンツツジの生け垣は、
もの凄い存在感を放ちます。
by nabe_tk | 2009-05-08 23:46
黒川の流れ
d0098275_2344628.jpg
休みの日は何をしているの?
と聞かれたならば、即答、
黒川に行きます。
こう答えると、皆さん、笑いますが、
そういう場にこそ、大切な何か、
生活の、本質、のようなものが隠れているような、
そういう気がして、今日も黒川に寄りました。

ひたすらに、流動的に流れるところ、
くるくると、停滞的に同じ場所を行き来しているところ、
その間で、どっちつかずな動きをするところ、
まちにも、建物にも、生活にも、
そういう箇所を持たせることは、
とても大切のような気がします。

それらがあってこそ魚が生育し、
子どもたちは気軽に親水。
そのバランスが、一つの大きな流れを支えています。
by nabe_tk | 2009-05-06 23:14
美味しいやきそば食べるなら
d0098275_2246986.jpg
あまや、は、チャーシューの乗った美味しい焼きそばと
陽気なご主人、小回り利いた奥さんが魅力の中田町の食堂。

下横町の区画整理をスレスレに逃れた木造長屋の店舗に、
漆喰意匠のインテリアが効いてます。

「味の店」というのがいいです。
「味な店」ではないのです。
つべこべ言うんじゃない、食え、そういうことです。

数十年前までは、ご主人が純白のコック帽を被り、
オムライスなどの洋風料理を振る舞っていたそうで、
鹿沼の舌の新天地開拓を担っていたんですね。

やきそばは500円。
お土産にもできます。
場所はこちら
by nabe_tk | 2009-05-05 23:00
方向性
d0098275_20533951.jpg
d0098275_20535183.jpg
d0098275_2054771.jpg
道にも田んぼにも、建物の室内意匠にも。
by nabe_tk | 2009-05-04 20:56
d0098275_755542.jpg
そこいらに生命力を感じる春、皆さんいかがお過ごしですか。
by nabe_tk | 2009-05-04 07:56
豊か
d0098275_2059766.jpg
解体の進む旧山野井本店の屋根から西の小薮山と富士山を見る。
by nabe_tk | 2009-05-01 21:13