<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
地と図、その反転
d0098275_23375736.jpg
窓から自家の一部が見えている体験が、
とても新鮮で、よく感じた。
建物が何かを囲んでいる形態を持つとき、
この体験ができる。
この建築では、ささやかな庭に各居室の開口部が顔を向ける。
by nabe_tk | 2010-06-30 23:41
さらさら
d0098275_23502087.jpg
水を人間生活側に引っぱってきた、のではなく、
既にある自然、ここでは水に人間が引っぱられ、
ある一定の距離感において両者は平衡関係を保っている、
という今和次郎先生の言葉には、共感する。
by nabe_tk | 2010-06-29 23:58
今宮町の洋風摂取
d0098275_0264036.jpg
今宮町の、明治末〜戦前期の時代を象徴する「洋」消化不良建築が楽しい。
by nabe_tk | 2010-06-29 00:29
松儀さん
d0098275_7362863.jpg

by nabe_tk | 2010-06-27 07:37
とても気に入っている
d0098275_2064085.jpg
バランス、とてもよいノダ。
by nabe_tk | 2010-06-26 20:07
鉄、油、緑、コンクリート
d0098275_0145251.jpg
ほんの空地と何気ない植栽が建築とまちを結ぶ。
この接点こそが風景を豊かにする。
by nabe_tk | 2010-06-26 00:18
今日はよく見えた
d0098275_230618.jpg
どうしたって、鹿沼の風景の質は山に因るところが大きい。
足尾・日光山地、やはり、北方だ。
まちの構造と山々の関係はこちら
by nabe_tk | 2010-06-24 23:08
北からきた
d0098275_7404312.jpg
水を頂くにも、その出所は明快に理解できた。
鹿沼宿には、北方信仰が必ずある。
by nabe_tk | 2010-06-24 07:42
日本語であそぼ
d0098275_23523499.jpg
物理的寿命を迎えた古い建物は、新しく更新されるべき、と強く思う。
ただ、その一新の中で継承されるべきシステムが、必ず潜んでる、
そこに、執着したい。
by nabe_tk | 2010-06-23 00:08
本質を捉まえてください
d0098275_2328055.jpg
by nabe_tk | 2010-06-21 23:52