2018.8.31
d0098275_12530376.jpg
夜、とある若い夫婦が来所.午前中、突然アポイントの電話をくれ、急遽会うことになったのだ.
彼らは旧市街エリアで住まいを探しているという.
自分たちで情報サイトをあちこち探すも、条件の合う物件になかなか出会えない.
訪ねた不動産屋からもこれというコーディネートを得られなく途方に暮れていた折だった.

聞くと建築設計室わたなべを訪ねた経緯はこうだ.
気になっていた通りかかりの空き家が、いつの間にか買い手が付きリフォーム中の案内板が出ていた.
誰かに先を越されてしまったのだ.

同じころ、上田町交差点を通るたび、灯りの点く設計事務所の存在を気にかけていてくれたという.
ウェブサイトに来てみるとなんと、その「先を越された」空き家のリフォームの様子がウェブサイトに更新されているではないか.
「先を越された」物件は坂の上のスタジオと住まいだったのだ.

そんな偶然の出会いと歳が近いことが背中を押し、住まいについて話が盛り上がった.
土地を購入してそこに新築してしまおうかという話も出たが、
大きな借り入れを起こすには彼らのライフスタイルを考える負担が大きいし
せっかく空き家が7件に1件ある時代なのだから、それを安く手に入れて気に入るように改修を施す方が良いとアドバイスした.

そうして来週、今候補に挙がっている中古住宅をいくつか一緒に内覧することになった.
by NABE_TK | 2018-08-28 12:55
<< 2018.9.5 2018.8.24 >>