研究発表。
こんにちは。ワタナベです。
最近は雨が多いですね。いつもは自宅から見える古賀志山が、最近は靄と霧の中です。
さて、先週の日曜日、NPO鹿沼学舎の定期総会の時間をお借りして、「旧鹿沼宿における歴史的資産の保全活用に関する研究」の研究成果報告を行いました。3月まで1年に渡って行ってきた、鹿沼旧市街地に残る戦前より前の建造物を調査した、卒業研究の、地元では初のご報告です。東京や神奈川では数回、発表の機会がありましたが、今回は今までで一番緊張しました。地元の方が相手なので、一切のごまかしは効かないということですね。(今までごまかしていたわけではないですが・・・)
研究の成果を分かりやすく伝えたいなぁ、という気持ちはもちろんあって、それ以上に気を付けたのが、「楽しそうに発表しよう」ということでした。笑顔と大きな声。スクリーンに映したスライドには、寅さんや僕の可愛い(?)幼少時代の写真を交え、堅苦しくない発表にしよう、と心がけました。ただ、もうちょっと会場側を見て話せば良かったなぁ、スクリーンばっかり見てたなぁ、と反省しています。
とにもかくにも、地元の方々の、研究に対する反応を初めて見られたので良かったです。真剣に聞いて下さったこと、本当にありがとうございました。このような機会を与えて下さった鹿沼学舎の方々にも、心より感謝いたします。
僕にはあと2年、学生として研究の余地が残されています。さて、次は鹿沼の何を研究しようか、どんな活動をしていこうか、じっくり考えてみます。

d0098275_21454649.jpg
by nabe_tk | 2007-04-25 21:46
<< 変わらない。 HED展。 >>