「大谷石類似石」と括られる石
大谷石は全国的にも有名な凝灰岩で、産出地である栃木県はもちろん全国で建材として使用されています。
大谷石の中にもさらに種類が分けられますが、一般に「大谷石類似石」もしくは「大谷石」として認知されているようです。

鹿沼の古い蔵や塀に用いられている石材は、厳密には大谷石ではなくて、深岩石という「大谷石類似石」です。
(深岩石については以前の記事をどうぞ)

深岩石の他に、板橋石というものもあります。これもいわゆる「大谷石類似石」として認知される、日光方面によく見られる石材です。

今日、これらの石材の研究論文を書いた後輩に深岩石と板橋石をもらいました。

d0098275_1824569.jpg
左が深岩石、右が板橋石です。
茶色の節(ミソ)が多い深岩石に対し、板橋石は真っ白です。

d0098275_18271013.jpg
写真左側:深岩石の蔵

d0098275_1827444.jpg
板橋石の蔵

こんなにも雰囲気が変わります。
荒々しい深岩石と繊細な板橋石です。

ちなみに後輩の研究では板橋石は、大谷石や深岩石に比べ組織が微細で圧縮強度は約2倍でした。
by nabe_tk | 2008-02-28 18:36
<< 路地の主 栄町の防犯灯 >>