<   2019年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2019.9.29
d0098275_23243988.jpg
先日、John Mooreさんからメッセンジャーで連絡をもらった.
9/29、那須に行くから来ないかというお誘いだった.山本朝子さんと講演をするという.
ぜひお兄さんも一緒に(兄は鹿沼で百姓をしている)ということだった.
先約があり兄は叶わなかったが、今日9/29、Johnさんに会いに行ってきたのだ.

「人権ではなく、コミュニティ権こそが国家権力に対抗できる唯一の権力なのではないかと思う」と
『都市美』第1号のP.11で山本理顕さんが言っている.
そのコミュニティ権のことが、今日、Johnさんと山本朝子さんの今日の講演を通してよりイメージがついた.
渡辺事務所の隣で始まったシェアキッチン、MADOのみんなとも共有したい.
今日のメモを以下に残しておく.(Johnさん、山本朝子さんのメッセージそのままではない.僕の解釈も含まれる)


地域で自立した食を取り戻す.
食とは、野菜や果実、穀物などその地域の土から生る作物である.
作物の源、命が種である.
F1種は、種がとれない.種は命である.種がとれないということは、命が繋がれていかないということである.そのとき限りということである.
地域で昔から育てられ、地域で食されてきた作物の種が重要である.固定種である.
固定種を掘り起こし、育て、調理し、食し、また育てる.その循環を未来に繋いでいかなくてはならない.
種を未来に繋いでいくことは、一人ではできない.国家でもできない.地域における人と人との協力でしかできない.
自分や自分の家族だけではなく、地域全体の他者とその未来を含んだ健康を共有し、協力することが必要である.
協力とは何か.価値交換である.
種の交換、知識の交換、余剰の交換、アイデアの交換、そのような価値交換である.仕事、ともいう.
仕事を通じて、他者と繋がる.これをコミュニティと呼ぶ.
コミュニティによって、食を守る.それは重要な権利である.

by NABE_TK | 2019-09-29 23:30
2019.8.30
d0098275_22212093.jpg
今週のインターンは関東学院大から2名でした.
基本設計中である黒川の住まいの、ボリュームと開口部検討が模型を使って進みます.
by NABE_TK | 2019-09-01 22:22