衣食住について
「衣食住」という言葉があります。
人間生活の3要素、もしくはそれらの関わり合いを表す言葉です。

日本では「衣」と「食」に比べて「住」の教養が極めて低い、と言われています。
これは、新興住宅地や旧市街を見れば明らかです。
家と家は互いに迫り合い、窓を開ければ隣の家の部屋が丸見え。
それぞれの趣味趣向の主張し合う表面的で一時的な安っぽい町並み。

以前ならば、周辺の家を考慮して窓をレイアウトしたり、後ろの家に影を落とさないように外壁の位置を調整することが当たり前のようでしたが、そのように周辺を考慮した家づくり、まちづくりはあまり見られません。
外車に乗ってこぎれいなかっこをしている人でも、住んでいる家が農村の景観を台無しにしている洋風瓦、外壁ピンクのおかしな家に住んでいる、というのは分かりやすいケースです。「住」の教養が著しく低い。

そしてこれが鹿沼の現状でもあります。

今日は、明治時代から続く木製材業を営むお宅の調査に行ってきました。
柱・梁にはヒノキ、戸にはケヤキ、天井板にマツ。
建築から80年以上建っていますが、それらの木目が醸し出す風合いと、力強さはとても美しいです。

「この家は商売で売りものにならない余り物を使って建てたんだよ」
とご主人はおっしゃっていましたが、とても余り物には見えない美しさ。
高い建築技術と手間をかけたからこそだと思います。

このお宅は現在、板塀を建てなおしている最中で、大工さんが作業をしていました。
作業もだいぶ進んでいる様子でしたが、そこにご主人が来て、
「こんな材料じゃあダメだよ。使える物と使えないものくらい分かるでしょう?」
と、大工さんに既に作業の終えた柱の材料についてご指摘されていました。
人様に見られる塀なのだから、もっとちゃんとした材料を選んで使ってよ、というのです。

ここに今の現在の人との意識の違いがあると思います。
このご主人は住宅、建物を人に見られる物として質の高いものにしようとしています。「自分の家なんだから好き勝手つくる」ではなくて、まちの一部として考えて、他人にも気持ちのよい建物にしようとしています。

みんながこういう考え方で家を建てたり、経済性優先で売られる建て売り住宅を買うことをもっと考え直して慎重になれば、もっと環境のよいまちになると思います。

d0098275_17595674.jpg
# by nabe_tk | 2008-04-05 18:05
上田町の十二社神社
上田町に十二社という社があります。
日光二荒山神社の分社である今宮神社よりも歴史は古いを言われています。

d0098275_1783294.jpg
これは去年の秋に撮影したものです。
社の脇のイチョウが観音様に見えませんか?写真右を向いて、手を胸の前に上げているような。(神社に観音様はおかしいですが)

この十二社神社の社の向きについていろいろ考察がされています。
江戸期以前と現在ではその向きが変わっているんです。

d0098275_1743112.jpg
これは江戸の文化年間に描かれた絵図です。
社は南を向いています。

次に大正時代の絵図です。
d0098275_1773888.jpg
この頃には社は東を向いています。

神社は東もしくは南を向いて建てられることが多いようですが、
北、西向きも例外的に存在するようです。

この十二社神社の向きが変わったのはどうしてでしょうか。
# by nabe_tk | 2008-03-28 17:13
共有するまち
d0098275_2365331.jpg
水路沿いに住宅が並んでいる戸張町の風景です。
一見するところ、写真右側には5軒ほどの住宅が並んでいますが、不思議なことに石塀は一続きになっています。
複数の所有者が一つの塀を共有しているのです。
誰が?同時に?話し合って?この塀を据えたのでしょう?

この写真でもそうです。

d0098275_23123928.jpg
どこからどこまでがどのお宅?

近年区画整理が行われた旧市街では新しく建てる建物を旧宿場町らしく切妻屋根の妻入り形式にしましょう、とか、外壁の色を調和させましょう、とか、景観誘導の取り組みもあるようです。
でも、古絵図で見る限り、切妻屋根の妻入の建物なんて殆どないし、そんな風にしてつくられた町はどうも安っぽい。

そんな現状に比べても、最初に見た「共有する塀」の方がとっても町に溶け込んでいるし、近所の繋がりも強そうに見えます。
# by nabe_tk | 2008-03-27 23:21
瓦は青空に映えますネ。
波のように迫りくるようです。

d0098275_13122647.jpg
# by nabe_tk | 2008-03-09 13:12
路地の主
下田町のとある住宅を調査させていただきました。

外寸を採っていると、
「おい、おれの庭でなにやってるんだヨ」
と声をかけられました。

振り返ると足下に美人な猫くん(ちゃん)が座っていました。

d0098275_21431673.jpg
# by nabe_tk | 2008-03-02 21:43
「大谷石類似石」と括られる石
大谷石は全国的にも有名な凝灰岩で、産出地である栃木県はもちろん全国で建材として使用されています。
大谷石の中にもさらに種類が分けられますが、一般に「大谷石類似石」もしくは「大谷石」として認知されているようです。

鹿沼の古い蔵や塀に用いられている石材は、厳密には大谷石ではなくて、深岩石という「大谷石類似石」です。
(深岩石については以前の記事をどうぞ)

深岩石の他に、板橋石というものもあります。これもいわゆる「大谷石類似石」として認知される、日光方面によく見られる石材です。

今日、これらの石材の研究論文を書いた後輩に深岩石と板橋石をもらいました。

d0098275_1824569.jpg
左が深岩石、右が板橋石です。
茶色の節(ミソ)が多い深岩石に対し、板橋石は真っ白です。

d0098275_18271013.jpg
写真左側:深岩石の蔵

d0098275_1827444.jpg
板橋石の蔵

こんなにも雰囲気が変わります。
荒々しい深岩石と繊細な板橋石です。

ちなみに後輩の研究では板橋石は、大谷石や深岩石に比べ組織が微細で圧縮強度は約2倍でした。
# by nabe_tk | 2008-02-28 18:36
栄町の防犯灯
写真は栄町の大通り沿いの様子です。
大型スーパーやファミレスの建ち並ぶ、いわいるロードサイドの商店街。

ここは歩いている人も全くいませんし、車が走っているだけ。そこで地元商店会が防犯灯として街路樹に電飾を巻き付けたのですが、これが正直、電飾の量の中途半端さに冬の寒さが加わり、とても寒々しい印象です。巻き付けられた街路樹もこれでは可哀想です。

これで防犯性の向上と言えるのかも疑問です。
防犯に重要なのは「人のいる気配」ではないでしょうか。通り沿いの住居から灯りが漏れていたり、夕飯の匂いがしていたり、もちろん人が歩いていたり。決して電飾で解決できる問題ではありません。

防犯への手放しの対策が、逆に寒々しさを助長しているのが残念です。

d0098275_22541426.jpg
# by nabe_tk | 2008-02-24 22:54
春ですね
まちを歩いていると、なんとなく空気の匂いが変わったことに気付きました。もうすぐ春です。

d0098275_14244975.jpg
# by nabe_tk | 2008-02-23 14:25
おもてなし
今日は「お宅様の住宅を調査させてください」というお願いに旧市街を回りました。
もちろん、断られてしまうこともありますが、今回伺ったお宅の方は、電話連絡を前もってさせていただいただけの急な訪問にも関わらず、快く座敷に迎え入れてくださりました。
今日は簡単なご挨拶のみでしたが、後日、室内の案内と外観のスケッチくらいなら、とお許しいただき、簡単な調査を行うことになりました。
急な訪問にもお宅に他人を上げるということは、毎日のお掃除など、丁寧に住まわれているのだろうなぁと感じます。
実際、今までに伺った歴史のあるお宅ほほとんどが整理整頓が行き届いていました。
柱や床などの木部はしっかり磨かれており、美しい艶が出ています。
そういう、ものを大切に使う住まい方は本当に豊かで美しいと思います。

d0098275_14523168.jpg
末広町 清林寺
# by nabe_tk | 2008-02-17 14:53
下校道がなくなっていた
以前の記事でも書きました、鹿沼旧市街と宇都宮をまっすぐに結ぶ古峰原宮通りの新道事業です。
この付近には僕の母校(中学校)があるのですが、当時毎日使っていた帰り道がこの事業により無くなっていました。あぜ道や水路脇や路地をくぐるとても雰囲気のある帰り道だったのですが。
残っているのは住宅がぽつんと一つだけです。

d0098275_16312417.jpg
# by nabe_tk | 2008-02-16 16:31